<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.11.07 Monday  | - | - | 

手作りクリスマスリース!

JUGEMテーマ:日記・一般
 D1000929.jpg
リース作りました♪

花屋の店頭に「孔雀ヒバ」が出回るようになると、毎年リースを作ります。
生花でリース作る、といえばだいたいみなさん「えぇーっ!!」というリアクションをされるのですが、
ちょっとコツがいるけどやってみると意外と簡単なんですよ?(^^)

簡単に作り方を説明しますね♪

手芸店などで販売しているキウイや山葡萄のツルのリースを土台に、孔雀ヒバ2本〜3本を使用します。(リース幅45cmぐらいの使用量)
まずリースの持ち手を#24ぐらいの太さのワイヤーで作りリースに巻きつけ、
孔雀ヒバを長さ10〜15cmぐらいの長さに切り分けていきます。
たくさん使用するので、ヒバの枝がハゲになるくらいまで切りまくってください(^^;)
このとき切ったヒバを「葉先のきれいな部分」「枝の中間部分」と分けておくと後が楽です。

リースの持ち手の根元部分に、#30以下の細いワイヤーをしっかりと結わえ、ここを起点にヒバを3〜4枚ずつ、根元部分をしっかりと巻きつけていきます。
ヒバを巻くときはよく見える中心部分に「葉先のきれいな部分」を、外側内側の際には「枝の中間部分」を入れてゆくときれいに仕上がります。
一定方向に葉を重ねながら(時計回り、反時計回りどちらでも可)葉が抜けないように力をいれてしっかりグルグル巻いていってください。

密に巻いてゆくとモコモコして非常にきれいになるのですが、その分重くなりますし、最後のほうで「足りない!Σ( ̄□ ̄;)」なんてことになりかねなく、場合によっては最初から巻きなおし・・・(T-T)なんてことも発生しちゃうので、葉の配分には十分気をつけてください・・・(経験者は語る)
最後の巻き終わり部分は、最初に巻いた葉の下に差し込むように葉を入れ、裏側でワイヤーの処理をします。これで土台は完成ですv(^^)

飾りつけは自由です!お子様をお持ちの方なら一緒に飾りつけをするのも楽しいですね♪
100均などでもかわいい飾りがたくさん販売されていますよ(^^)♪

今年の私の飾りつけはちょっぴりシックに、モスグリーン/裏地ブラウンのリボンに銀のボール、
パールのワイヤーガーランドを全体に緩めに巻いて、
上半分のみ松ぼっくりをつけてポイントにしました!

ちなみに↓が昨年のリースです。
D1010029.jpg
こちらは白のリボンにクリスマスカラーのリボンを後付け、
赤い実はサンキライを切り分けて入れてます。
全体にちりばめても素敵ですが、右下一箇所のみに飾りを集中させワンポイントとした方もいらっしゃいまして、そちらもとても素敵でした!(^▽^)

今年はハンドメイドでいつもと違うクリスマス!
機会があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか〜♪(^^)v

ちなみにこの生リース、飾っているうちに自然に乾燥して年明けまで十分持ちます♪
私はクリスマスが過ぎたら飾りを変えて、正月仕様にしています・・・(笑)
ヒバの香りがよく広がり、アロマ効果も期待できますよ♪


2009.12.13 Sunday 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |