<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.11.07 Monday  | - | - | 

ウトナイ湖バードウォッチング!

JUGEMテーマ:日記・一般
 D1000931.jpg苫小牧市にあります、ウトナイ湖に行ってきましたよ(^^)
日本でも有数の渡り鳥の中継地として知られるほか、日本初のバードサンクチュアリに指定され、1991年にはラムサール条約登録湿地に登録されましたことで有名です。
たくさんの野鳥の生息が確認され、冬にはマガンやハクチョウも訪れます。

鳥、好きでして(^^;)
今まで何回かバードウオッチングに訪れているのですが、ことごとく悪天候(笑)に見舞われ、鴨とハクチョウ以外見れたためしがないのです・・・
昨日は運よく好天に恵まれ、いろいろ出会えそうな予感♪

ウトナイ湖サンクチュアリのネイチャーセンターは本日も休みだったのですが(平日は休み)遊歩道は常に開放されているので、時折冷たい風が吹く中、散策を開始。

低木の林の中を縫うように作られた遊歩道を歩いてゆくと、湖畔と森の中に観察小屋がありまして。
湖畔ではハクチョウと時折湖面近くを飛ぶマガンの群れ、優雅に舞う純白のダイサギ、なんとも大きいオオワシの姿をみることができました。(カメラの性能がいまいちなので、写真には収められませんでした)

森の中の遊歩道では、シジュウカラ、コガラ、ゴジュウカラ、おなじみのヒヨドリ・・・
かわいいエナガの群れや、コガラ(小型のキツツキ)の♀も見れましたね♪
森のはるか向こうからは、短い「ホッ、ホッ」という声も聞こえました。
もしかしたら、フクロウ類もいるのかもしれませんね(^^)

D1000945.jpg
ここでお昼となったので、敷地内にあります「道の駅ウトナイ湖」に行きました。
この道の駅、最近オープンしたばかり♪
早速コレクションの「カントリーサインマグネット」と「道の駅きっぷ」を買い求め、お土産や産直品の直売所も気になりますが、身体を冷えたしまずはご飯ご飯(^^;)

ここに設けられているレストラン「一頭」は、苫小牧市にあります「植苗レイクファーム」さんの系列店です。黒毛和牛のお肉料理が自慢のようですよ♪
D1000938.jpg
「ビーフジャーキー」850円・・・だったかな。
よくお店などで販売されている、かたーいビーフジャーキーとは違う、筋もなくやわらかい・・・難なく千切れる赤身のビーフジャーキー♪
塩加減も辛すぎず、スモークもあまりきつくなく、ビールのおつまみに最高だ!v(^▽^)
私たち友人一同は燻製も時々作るので、一皿を囲みながらしばし談義(笑)

D1000939.jpg
日替わりランチメニュー800円、12月15日は「豚丼」でした♪豚肉万歳¥(^▽^)/
どんぶりのほかにミニサラダ、浅漬け、お味噌汁、ソフトドリンクがついてこのお値段!!
ボリュームたっぷり!甘く煮詰めたタレを絡めた豚肉は、これまたやわらかくてジューシー!
一般的な豚丼のように炭火焼ではないようですが、粗挽き胡椒が入っていて、風味よい後味を残してくれます♪

このほかにも友人が食べた名物「ビーフスープカレー」も味見させていただきましたが、こちらも牛肉が完全にやわらかくなるまでじっくり煮込んであって、スープカレーというよりルーカレー!のような濃厚さ♪

店頭では植苗レイクファームの製品が販売されており、ビーフカレー、ビーフシチュー、ビーフスープカレーのレトルト製品もおいています。お土産に最適ですね♪(私も買いました)
D1000941.jpg
この「道の駅ウトナイ湖」は文字通りウトナイ湖畔にありまして、先のレストラン「一頭」でも湖を眺めながら食事ができます。
道の駅を出て湖畔までちょっと歩けば、オオハクチョウとオナガガモの群れが私たちを出向かえてくれます。
カモ、ハクチョウの餌も2袋100円で販売されてますが、あっという間にヒッチコック並に取り囲まれ、オオハクチョウはカモを蹴散らし遠慮なく近づいてきてガフガフ噛み付いてくるので、餌付けに慣れてない方にはオススメできません(^^;)
D1000942.jpg
ふと湖の奥のほうに目をやると、いました!今回の最大の目的「マガン」です!
こっちには目もくれず、のーんびりと湖面を漂っています。
と、思ったらいきなり群れがいっせいに飛びたち、私たちの頭上を何回も旋回してくれました。
高い声を上げながら、一団となって飛ぶ姿は迫力があり、私たちを圧倒させました。

湖面に降り立ってから、単眼鏡で(私は乱視なので、双眼鏡が使えません;)じっくりと群れを観察していると、この群れの中に二羽だけ別種の「シジュウカラガン」が混ざっていました!マガンの中にいるかも知れないよ、とは聞いていましたが、これはラッキー♪

ここで体もだいぶ冷えてきたので、ウトナイ湖を後にしたのですが、勇払駅前の住宅地で「カササギ」(札幌では見ない鳥)がいっぱいいたのはびっくりした・・・(^^;)



2009.12.16 Wednesday 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |