<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.11.07 Monday  | - | - | 

最近飲んだワインですよ(>▽<)

JUGEMテーマ:日記・一般
アルコール類全般弱いくせに、酒の味は好きなのですよ(^^;)
ビールならグラス一杯で顔真っ赤、日本酒ならお猪口一杯でべろんべろん、
そんな私なんですが、休みの日は「飲まずにいられるか!」ってくらいの酒好き。
グラス一杯限界で、どれだけ酒を語れるか頑張ります(笑)
・・・はぁ、もっと強くなりたい・・・(泣)

私の職場の向かいが酒店だけあって、お酒はしょっちゅう見にいけます。
旅行先でもご当地のワインや地酒を購入することがよくあります。
残念ながらウイスキーと焼酎は飲めないので、日本酒とワインを中心に飲みますね。
ビール、発泡酒も飲めるのですが体質上炭酸類を飲めなくて・・・(腹が膨れて後に大変なことになります)

今日は最近飲んだワインからご紹介しましょう。

D1000980.jpg
ワインは主に北海道産をメインに飲みます。北海道には良いワイナリーが多いです♪
こちらは2009年発売「おたる ナイアガラ スパークリング」 北海道ワイン株式会社製造
昨年の国産ワインコンクールにおいて、見事銀賞を受賞した一本です。

ナイアガラといえばおたるワインで根強い人気を誇る、強い甘みとマスカットのフルーティでさわやかな香りが特徴の品種です。
道内では温泉宿などで食前酒として採用されていたりします。
香りをかげば一発でナイアガラだとわかるくらいです。
ナイアガラから作られるワインは私の好みに合っていて、毎年1本は必ず購入しています。

ナイアガラでスパークリングタイプはたぶんお初ではないのでしょうか・・・?

スパークリングだから微発泡ぐらいなんだろうなーと思っていたら意外と発泡がきつくって驚きました(^^;)
香りはやはりナイアガラの特徴がしっかり出ていて、味は強い甘みの中に少し渋みがきいている。ここはいつものナイアガラには見られない点でしたね。
私のようなワイン素人にも口当たりの良い、飲みやすい味になっています。

しかし気をつけろ!飲みやすいからって調子に乗って2杯目に突入したら、急に酔いが回ってきた!
スパークリングだから余計に回りやすかったのかも知れません・・・反省。

では次!
D1000964.jpg
こちらも北海道ワインさんから。
「おたる 限定ヌーヴォー ツヴァイゲルト・レーベ 2009」
昨年ボージョレ・ヌーヴォーの解禁にあわせて発売された、おたるシリーズのヌーヴォーです。
こちらは札幌市民生協にて1000本限定販売、予約分のみで完売したとのことです。
私はボージョレ・ヌーヴォーの予約開始時から各店舗を回り(ヒマなやつだな)いち早く情報を仕入れることができたので、貴重な一本を手に入れることができました。

ツヴァイゲルト・レーベは寒冷地での栽培に向いたワイン用品種で、比較的新しい品種ながらもオーストリアでは主力の品種となっているようです。国内では北海道での栽培が増えてきているとか。
黒のような、深い色が特徴です。

口当たりは軽くて飲みやすくても、後からくる渋みと余韻はさすが!という感じです。
お肉料理にひたすら合うワインです。
新酒なので若さとさっぱり感は抜けきれないですが、それがヌーヴォーのいいところ、ということで(^^;)
今年も発売してくださることを祈ります。

今回2本軽〜く紹介させていただきましたが、ワインのレビューって難しいですね(^^;)
たぶん私の修行が足りないのかも(笑)

次回またお気に入りが見つかれば、また紹介したいと思います。

2010.01.24 Sunday 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |