<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.11.07 Monday  | - | - | 

ミナミヌマエビ日記

JUGEMテーマ:日記・一般
 D1001162.jpg仲むつまじいミナミヌマエビの夫婦(偶然の産物)

すっかり更新が滞っています。申し訳ございません。

2月28日孵化した稚エビたちは、先日水槽の大掃除をした際計4匹生き残っているのを確認いたしました。やはりウィローモス大量投入は稚エビの生存率が高いですね
しかも餌が豊富にある環境がよいのか、隠れ家が十分に確保されているのがよいのか、今までの稚エビたちより外界に出てくるのが若干早い気がします。生後1ヶ月経たないうちから外に出てきてツマツマしてるなんて、今まで無かったですもん。

D1001157.jpg写真は大掃除の際、紙コップに捕獲された2月28日生まれの1センチほどの稚エビ。3匹しか写ってませんが、4匹います。
てかなんで、ゴチャッとかたまっているんだよぉー可愛いじゃねーかコノヤロー!

D1001161.jpgこちらは左から父エビ、母エビ、1月18日生まれの稚エビ(大掃除の直後なので、水が白く濁っています。スミマセン・・・

こちらの稚エビはおそらくオス。何かと隠れがちだったこの稚エビも、最近は親を見習いながらよく外界を闊歩しています。
以前体色が濃いと紹介した個体なのですが、最近は親と同じ薄い体色になっています。以前の体色は、おそらくその時期の体調によるものだったのかもしれません。わからないことだらけです。

D1001158.jpg
母エビのほうはというと、本日通算4回目の産卵を確認しました。
この写真は3月15日のものなのですが、矢印のあたりに産卵前の卵がかすかに透けて見えるのがわかりますでしょうか?

この母エビももうベテランの部類です。もうすでにウィローモスの森に隠れてしまったので、写真や視認で確認するのは至難の技なのですが(体勢的に)、今回も余計な手出しはせず、彼女におまかせして見守りたいと思います。

一方、姉のゼブラダニオ水槽に里子に出た12月生まれの稚エビたちですが、今月頭に2匹が抱卵しているのを確認したのですが、いまだ孵化を迎えてはいません。卵の状態を見る限り(かなり透明感を増している)、そろそろだと思うんだけどなあ・・・
2010.03.21 Sunday 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< お出かけ先で見つけたおいしいもの。 | main | どうも、おひさしぶりです・・・ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2011.11.07 Monday 11:15 | - | - |